株式会社 不動産の相談窓口
10:00~18:00
時間外でもご相談ください。
毎週水・木曜日
2020年08月20日
ブログ

「おばけえび」 生まれてました~ヽ(´▽`;)/

夏休みの終わりを目前に、次男が挑戦を始めた学研の「おばけえび」。

15日に専用の水槽を準備して、16日に卵を入れたのでした(^O^)

さて、その後どうなったのでしょうか♪

よ~く見ないと見過ごしてしまう!?

今から約8500万年前、恐竜がいた時代から姿が変わっていないという「おばけえび」。正式名称「アルテミア」というプランクトンです。

エビやカニなど甲殻類の仲間の中で、脚にエラがある“鰓脚類(さいきゃくるい)”というカテゴリーに分類されるとのこと。初めて出会う言葉ですヽ(・∀・)ノ子どもの研究、大人にとっても勉強になりますね~〆(._.)メモメモ

 

さて、付属の海水のもとで塩水を作り、カルキを抜くために1日おいた水槽。張り切って卵を振り入れたのが16日のことでした。

小さなコショウの瓶のような容器で、まさしく料理人のように

「ぱっぱっぱっ♪」

と振り入れた次男ですが、説明書をよくみたらひと振りでよかったようです(^^;)

18日に観察したのが下の写真です。

集合体から水槽の淵の方へ広がったようです。

のんびり構えて孵化を待っていたところ・・・



19日によ~く見てみると、透明な小さな姿が水槽の中を駆け巡っていましたΣ(゚д゚lll)

まさか、18日の時点ですでに生まれていたのでは!?

というのも、説明書には「1日から3日で孵化」と記載があったからです。19日には3日目を迎えていたため、よく目を凝らして見てみたらたくさん泳いでいたのです(^^;)

18日にも、じっくり目を凝らしていたら泳いでいたのかもしれません。。。

 

挑戦する方は、ぜひご注意くださいね!

 

生まれてからのお世話は、えさやりと空気を送ってあげること。水槽が汚れたらきれいにして、くみ置いた水を使って水の交換も必要になってきます。

まだ目を凝らさないと見つけにくいですが、生まれてから20日ほどで大人になるのだそうです(^O^)

今度は絶好のタイミングを逃さないように観察しなくては✩

arrow_upward