株式会社 不動産の相談窓口
10:00~18:00
時間外でもご相談ください。
毎週水・木曜日
2021年03月12日
ブログ

子ども 花粉症との戦い

気持ちのいい春は、花粉症との戦いでもあります。

ここ数日、一気に子どもたちの花粉症がつらそうになってきています。

 

子どもの花粉症、どう対処してあげたらいいのでしょうか(´・ω・`)

まずはかかりつけ医に相談 市販薬でも子ども用が

我が家一花粉症に悩まされる次男。

もともと鼻が敏感で、しょっちゅう鼻が詰まっているのですが、ここ数日は特にひどくティッシュの箱を手放せなくなっているようです。

鼻づまりが続くと、つい口呼吸が多くなり喉が乾燥して、風邪につながることも。毎年のこととは言え、とても辛そうです。

 

周囲にもひどい花粉症に悩むお子さんがいるママさんがいて、かかりつけ医による処方で時季がくる少し前からアレルギーの薬を飲み始めると聞きました。

我が家でもかかりつけ医でアレルギーの薬を出してもらうのですが、我が家の場合は事前に飲み始めるということはしていません。

 

 

かかりつけのお医者さんは、子どものかかりやすいものの傾向だったり、相性のいい薬や普段の様子との違いを知っていてくれるので、とても安心ですよね✩

今年はまだお医者さんへ行っておらず、なんとか応急処置ができないものかとウェルシアで市販薬を探してみました。

登録販売者さん、薬剤師さんが教えてくれます✩

先日は長男の痛み止めについて、そして今日は次男の花粉症薬について。お世話になったのが登録販売者さん。改正薬事法によって定められた一般医薬品の販売専門家です✩

ネット検索も便利なのですが、複数種類ある薬の中からどれがいいのかと選ぶ時、店頭商品から目的の薬を探す時、不安がある時に色々と教えてもらうことができます。

 

服用者の年齢、症状、心配していることなどを伝えると、使用できる薬であることはもちろん、年齢に合わせて飲みやすい薬(形状や匂い等)を教えてくれたり、調べてくれたりするのです。

症状からこちらを教えてくれました✩第1類医薬品は薬剤師さんがいる時間帯でなければ購入できないそうです(・∀・)

続いて、アレルギーにいいお茶を探してみました。今度はネット検索です♪

効くという説も効かないという説もありましたが、子どもにも安心、甘くて飲みやすく、さらにカフェインゼロ、ということで「甜茶」です(^^)

 

これで、少しでも症状が緩和されますように✩

arrow_upward