株式会社 不動産の相談窓口
10:00~18:00
時間外でもご相談ください。
毎週水・木曜日
2020年02月20日
ブログ

下諏訪町で水上防災拠点・艇庫の工事進む

下諏訪町の漕艇場周辺で大規模な工事が進んでいます。先日通りがかったところ、いよいよベールを脱ぐかのように、建物の様子が見えてきました(*゚▽゚*)

当初計画のスケジュールでは、完成予定は今年3月のようです。4月からの運用開始が楽しみですね✩

下諏訪町の「健康スポーツゾーン」構想

下諏訪町では、高木地区から赤砂崎までの湖畔を健康スポーツゾーンとして整備しています。ジョギングロード沿いには、すでに複数のストレッチ器具が点在しており、ウォーキングの途中で軽運動をはさんで楽しんでいる方も多いようです(^O^)

 

さて、下諏訪町といえば、県内唯一の漕艇場を保有しています✩

ボートが盛んで、部活に励む中高生、大人の方もたくさんの方が楽しんでいます。

五輪選手や国体選手を輩出している湖が故郷の景色。諏訪地域のちょっとした自慢です( ´艸`)

 

その漕艇場の周囲が今、変貌を遂げようとしています♪

この水上防災拠点・艇庫の建設工事は、湖畔の健康スポーツゾーン構想の拠点の一つとして、また、水上防災拠点として進められています。

ボートの収容、移動の安全性などとともに、大規模災害で道路が寸断された場合などを想定して、諏訪湖を人員・物資を運搬するために活用できるよう拠点を作る計画のようです。

 

建物の屋根は、まるで諏訪湖の波を思わせるようなカーブで、素敵ですねヽ(*´∀`)ノ

 

下諏訪町がつくる「健康スポーツゾーン」は、漕艇庫から高木運動公園までのウォーキングコースにあたり、現在でも、湖畔のウォーキングを楽しんでいる方が日々たくさん見受けられる場所です。

間には飲食店、美術館、博物館、公園などもあり、駐車場も途中に複数箇所あるので、スタートからゴールまででなくても“いいとこどり”で楽しむことができそうです。子どもを連れていたり、体力に自信がなくても気軽に取り組めそう♪

健康づくりにちょっとお出かけしてみてはいかがでしょうか(^O^)

arrow_upward