株式会社 不動産の相談窓口
9:00~18:00
時間外でもご相談ください。
毎週水曜日
2019年08月12日
ブログ

水遊びで子どもも大人も楽しめる!白州·尾白の森名水公園べるが

毎日「これでもか!」というくらい暑いですね(^^;) 体中の水分が汗になってしまいそうですが、空調、水分・塩分補給で乗り切りましょう!
今回は、お隣山梨県にある水遊びの公園をご紹介します✩岡谷市、諏訪市からなら高速でも、下道でもドライブがてら行ける距離なのが嬉しい涼みポイントです。

太陽をいっぱいに浴びての水遊び!木陰の休憩が嬉しい

少しでも涼しく、楽しくこの夏を乗りきろう!そんな方にオススメなのが、白州·尾白の森名水公園べるがです(^^)  隣県・山梨へも行きやすい、諏訪ならではのお出かけコースです♪

富士見町、原村を抜けて甲州街道を進むと、見えてくるのが「道の駅 はくしゅう」。スーパーやお土産屋さんのほかに、ここにも水遊びができるスペースがあります。我が家が友人家族と出かけた日にも、子どもたちが水に足をつけて楽しそうに遊んでいました✩

 

さて、スーパーで昼食を買って準備万端。「道の駅 はくしゅう」近くの交差点から、山の方へ向かって更に進みます。田園風景を横目に車を走らせると、見えてきました「白州・尾白の森名水公園べるが」!!広い駐車場ですが、入園ゲートを通過する車でやや渋滞しています。
小学生以上は入園200円。
支払いを済ませたあとは駐車場探しです。この日は水遊びがメインイベントだったので、キャンピングゾーンを横目に、一路噴水広場を目指します(^^)

噴水公園は尾白の湯近く。すでにたくさんの子どもたちが水しぶきをあげて遊んでいました。

運良く木陰にテントを張ることができました。拠点を決めたらいざ水の中へ!

子どもたちは早速水着に着替えます♪帽子をかぶって、ラッシュガードやTシャツで強い日差しをガードします。

そっと足をつけると・・・

「つめたーい!でも、気持ちいい~(*゚▽゚*)」

みんな満面の笑顔になりました。大人もおそるおそる足をつけると、こんなに日差しを浴びているのにひんやり気持ちいい!入っているうちに温かさも感じますが、奥にある噴水の場所に行くとまた一段と冷たくて、とても気持ちいいのです(^O^)

写真右奥に見えるテントは、公園で設置してあったもの。8基ほどあったでしょうか。熱い日差しや急な雨にも安心ですね✩

噴水広場の脇には遊具もあり、水遊びの季節以外でも楽しむことができそうです(^O^) 

この日は、いくら水に浸かっていても体が冷え切ってしまうことはないほど暑かったのですが、水から出た子どもたち。次はカエル探しに夢中です。森の方では、昆虫もたくさんいるのでしょうね。見には行かなかったのですが、楽しめる場所はこの噴水広場だけではなさそうですよ~

それぞれに見つけたカエル。不思議なもので、カエルたちも子どもたちから離れません。 カエル同士も友達だったのでしょうか(^^) 腕に乗っているカエル、手のひらでみんなを覗き込むカエル、友達のところへ飛ぼうとしている?カエル、子どもの顔を見上げているカエル。かわいい光景ですね♪

そんなカエルたちも日陰に入れてあげたいと子どもたち。思いついたのはサンダルです(・∀・) 

ちょっとピンぼけですが、みんなサンダルの中に入ってくれました。子どもたちは時々水遊びに戻り、時々カエルも水の中で泳がせて湿らせてあげて、楽しい思い出ができたようです。大人もひんやり涼むことができたので、充実の水遊びとなりました(^O^)

噴水広場のすぐ脇には、尾白の湯もあり、森の景色を楽しみながら汗を流すことができるようです。次回はこちらも行ってみたいと思う、夏の1日でした!

arrow_upward