株式会社 不動産の相談窓口
10:00~18:00
時間外でもご相談ください。
毎週水・木曜日
2021年09月16日
ブログの窓口

手作り琥珀糖 その後

やや汗ばむような秋晴れの1日。夕方からは風が強くなってきました。

九州地方には台風14号が接近していて、明日17日(金)の午後には九州や中国地方にかなり近づいて上陸のおそれもあるとのこと。

土日にかけて温帯低気圧に変わる見込みですが、荒天に注意が必要です。

手作りだから アレンジも楽しめる♪

“食べる宝石”琥珀糖を手作りしてみよう!ということで、先日、百円ショップで揃えた材料をもとに挑戦してみました(^O^)

 

諏訪地方では馴染みの寒天を使ったお菓子です♪

一言で言ってしまえば、砂糖を寒天で固めたものなのですが、琥珀糖という名の通り、その見た目の美しさがなんとも魅力の一つ(*゚▽゚*)

 

今回の挑戦では、食紅を使わずに粉寒天、グラニュー糖、足りない砂糖を補う意味とちょっと色付になればとレモンティの粉末を入れたのでした。

水から煮立てた寒天は熱々で、約1時間冷蔵庫で冷やすことになっていたのですが、つ調理が夜だったこともあって翌日のおやつに回った今回の手作りお菓子です。

 

ホーローの容器のフチに竹串を沿わせてぐるっと一周。そっと下に手を入れて取り出してみましたヽ(・∀・)ノ

 

ぺたっとした感触は、「琥珀・・・糖??」という気分になりましたが、とにもかくにも包丁で切ってみました♪

刃を動かすとくっついてきてしまうので、すっと上から刃を下ろす感じで。

紅茶の粉を入れたことで、透き通ったキャラメル色に(^^)

寒天のゼリーくらいの硬さがあって、竹串で取り出すことができました。

 

いよいよ食べてみます!

子どもたちの感想は

◎おいしい!この間の琥珀糖より好きかも♪

◎あんまり・・・1個でいいや

◎オブラートつけたらみすず飴じゃない?

 

ということで、好みが分かれたようです(^^;)

 

ぐにゃっとした噛みごたえは、確かに先日の琥珀糖とは別物。レモンティを入れたのが違いを出してしまったのかなぁと思いつつ、寒天らしくややぷりっとした食感はどこか懐かしいような気にもなります。

 

子どもたちからは、「次は食紅で色をつけてみよう!」「メープルシロップもいいかも♪」なんてアイデアが飛び出して、まだまだ先は続きそう。手作りならではの楽しみが増えました☆

arrow_upward