株式会社 不動産の相談窓口
10:00~18:00
時間外でもご相談ください。
毎週水・木曜日
2020年11月16日
ブログ

余った布で 子どもが喜ぶ小物づくり✩

子どもに人気の『鬼滅の刃』。

先日、マスクを作るために数種類の布を購入しました(^O^)

今回は、マスクとは別の小物を子どもたちのために作ることにしました♪

サイズは色々 絵柄に合ったものを

『鬼滅の刃』人気がすごいですね✩

子どもたちが観ている様子を横目に見ていただけのはずが、思わず立ち止まって一緒に見入ってしまいます。

何に惹かれるのかなぁと自分なりに分析すると、やっぱり“思いやる優しさ”かなと思いました。

それが、私の中ではつい古典文学とつながってしまいます( ´艸`)

人の中で強くなりすぎてしまった思いが、その人を恐ろしい鬼に変えてしまうー。人の心には、いつの世もそうしたものがあるし、そうしたものへの恐怖や畏敬の念みたいなものがあるのかなと感じたところです。そうなってしまう根本にあるものを見定めるということは、頭では理解できても容易に飲み込めることではないですね。

長男の保育園時代、『妖怪ウォッチ』にハマリにはまっていた頃のことです。

同じようにキャラクターの布を購入して、ちょっとした裁縫で遊んでいました。その時の布も、今回のようにキャラクターが円になって描かれていたので「これは妖怪メダルみたいなものが作れるかも♪」と“くるみボタン”作りに取り掛かりました。

好きとなると身近なものにそのキャラクターを求めるのが子どもたち。

ボタンとして何かにつけたり、ただそのボタンを小物として集めたりととても喜んでくれたのでした(^O^)

 

今回の布地を見て「あの時のようにできるのでは?」と思いついたのです✩

サイズは直径38ミリ。描かれている円が大きいので大きめのくるみボタンです。

以前もこのサイズだったのですが、今回探してみたところダイソーにこのサイズの材料がありました✩

 

型紙に合わせてカットした布を、絵柄のポジションを決めて樹脂のパーツに合わせたら、ボタンの表になる方のパーツを使ってぐっと押し込みます。

布の余っている部分をたたみ入れたら、ボタン裏のパーツをのせて打ち具でぐっと入れ込みます。

これで完成✩

飾りボタンとしてちょっと縫い付ければ、身近なものに大好きなキャラクターが♪

まずはもっともドはまりな次男へのプレゼントが完成です(^^)

arrow_upward