株式会社 不動産の相談窓口
10:00~18:00
時間外でもご相談ください。
毎週水・木曜日
2020年03月25日
ブログ

住み心地を考える✩ 収納にひと工夫

暮らしているうちにどんどん増えていく生活用品。住みはじめの頃に収納スペースを確保していたつもりでも、いつの間にやら物で溢れている・・・そんなことありませんか?

 

今日は収納について考えてみます✩

隙間をどう活かす?

棚や納戸、ウォークインクローゼットなど、最近の住宅では生活空間の中にも十分な収納スペースが確保されていることも多いですね✩

ただ、十分と思っている収納スペースもけっこうすぐにいっぱいになってしまいますヽ(;▽;)ノ

ものが増えてしまうからです。。

 

時期もの、衣類の収納をメインに考えがちですが、より場所をとるのが子どもの物だったり、趣味の物。例えば子どものおもちゃは、細かいものでもたくさんになってしまったり、セットもので収納に場所を取る場合、ベビー玩具は硬質プラスティックで小さくたたんでしまうことが難しかったりetc...

 

成長や生活の変化によって、新しいものを取り入れる時には古いものを捨てるというサイクルができていればよいのでしょうが、長年使っていくものや、兄弟間で再利用のためにとっておきたい大物なども多いですよね。

大きな物をきれいに収納するために、収納スペースをいかにうまく確保するか。

そのことを考えた時に、便利グッズとして我が家に登場したのは袋収納でした✩

 

大人の衣類は、春夏物と秋冬物で衣装ケースがそれぞれあれば十分なのですが、サイズがどんどん変わっていく子どもたちの衣類は、ケースに入れるとクローゼットは衣装ケースだらけΣ(゚д゚lll)

これはなんとかしたい!

加えて、ケース収納でクローゼットや納戸を無駄なく使うことができればすっきりするのですが、“ケースを増やすことができない程度のもったいない隙間”というのがあったりします(´・ω・`)

ここをなんとか活かせないか。。。

この大きな袋、100均で調達したチャック開閉のもの。柔軟な袋なので、隙間にもピッタリ収まってくれます✩

形をキープしたいものをしまうのはオススメできませんが、子どもの衣類や季節小物などなら綺麗に入れておくことができます♪サイズごとにタグをつけておけば、後々見つけるのにも便利(^^)

 

子どもたちのお片付けにも利用してみましたが、これは無謀でした・・・残念な姿に(^^;)

 

使う人、使う場所で適材適所の収納を考えると、家の収納率アップ、効率アップにつながりそうです。

arrow_upward