株式会社 不動産の相談窓口
9:00~18:00
時間外でもご相談ください。
毎週水・木曜日
2020年02月24日
ブログ

癒しの趣味✩アクアリウム

趣味を楽しむ時間は、日々の疲れを癒すひと時でもありますヽ(*´∀`)ノ

生き物の飼育を楽しむ方も多いのではないでしょうか♪

我が家では夫が海水魚の飼育をしていて、家族の目も楽しませてくれています。

生き物と暮らす

実家でも父親が金魚を飼育していた子ども時代。母が小鳥を飼っていたこともあったり、兄と1匹ずつ亀を飼ってみたり、一番最近だと猫。もう10年以上前ですが、兄が連れ帰ったことがきっかけで一応猫嫌いで通っていた母も観念。飼い始めたのでした。その後もう1匹仲間入りして、子どもたちが巣立った後も母が父と一緒に世話をしてきました。

 

数年前に、いつも母の傍らにいた猫が亡くなり、母の悲しがりようは言葉では言い表せないほどでした。もちろん、家族全員が涙した別れでした。

 

生き物を暮らすことは、自分や家族のほかに生と死を身近に抱えることでもありますね。

さて、我が家の水槽。今日はお手入れをするというので覗いてみました(・∀・)

熱帯魚の水槽と淡水魚やイモリをこれまでに飼育してきた現在タニシの水槽があります。

後者は、子どもたちが川で捕まえた魚や知人から譲り受けたイモリが生活していた場所です。水槽をきれいにしてくれるということで、タニシもたくさん入っています。長年飼育した魚やイモリたちも旅立っていき、次の住人を待っていたアパート(?)ですが、いよいよ片付けることにしました✩

 

上から見るとこんな感じです✩

魚のおもちゃやビー玉を入れて、ここで暮らす生き物たちがさみしくないようにと子どもたちが工夫を凝らした跡がみられます。当時お気に入りだった「アンパンマン号」まで入っているのですから、どれだけ大切に感じてくれていたのかがわかります♪

今まであった水槽が一つ減って、風景は少し寂しくなってしまいましたが、一緒にお手入れした熱帯魚の水槽が頑張ってくれています✩

毎年海へ出かけた時に捕まえた生き物や拾った貝殻なども加えてきたので、我が家の中にある小さな海なのです✩

ブルーのライトをつけると、ほら、こんなに綺麗なんですよヽ(*´∀`)ノ

 

厚い水槽は重く、海水ということで塩分を調整するなどお手入れは少し大変ですが、じっと見ていて癒されるアクアリウムなのでした✩

arrow_upward