株式会社 不動産の相談窓口
9:00~18:00
時間外でもご相談ください。
毎週水・木曜日
2019年12月23日
ブログ

厳しい寒さがやってきました

クリスマスの頃になると、いよいよ雪の季節ですね(^O^)

喜ぶ子どもたちをよそに、大人は雪かきや交通状況の心配をする時季がやってきました。

冬の朝は 枕元に靴下で♪

昨日夕方からの雨はみぞれに変わり、布団に入る頃にはすっかり雪となっていました。いよいよ早起きして雪かきかなぁと、覚悟を決めて布団に入った12月22日の夜。
明けて今朝は、水分を多分に含んだ重たい雪。それでも時間をかけて雪かきするほどではなかったので、まだ助かりました(^^)

 

一段と冷え込んだ冬至の昨日に比べれば、陽が出て暖かくなったものの、寒さは厳しくなってきましたね。

御神渡りの歴史があるので、厳冬になることは周知の諏訪地域。温暖化を心配する気持ちも重々あるのですが、やっぱり寒さは身に堪えます。。

 

布団から出るのもなかなか億劫になってきた今日この頃ですが、枕元に靴下を用意しておくだけで、だいぶスタートが違います✩

温かい布団から出て冷たい床を歩くーそこを変えるだけで、朝時間の動き出しがぐんとはかどりますよ♪

昨日はブログでご紹介したように波田町へ行っていたのですが、時間をみつけて近くの神社へ行ってみました✩

総代さんたちが二年参りの準備をしていましたよ。それもまた、風物詩ですね(^O^)

 

 

こちらの神社をちょっとご紹介しますヽ(*´∀`)ノ

「三社宮」と掲げられた立派な鳥居。中に入ると、広々とした神楽殿と、拝殿。その横には三つの小ぶりな鳥居が並んでいました。

総代さんにお聞きしたところ、三社宮という名前は昔の名残で、現在は「三神社」として親しまれているそうです。三つの鳥居、三つのお社から由来しているのですね。

境内はとても広くて、見事な杉林になっています。

 

縄文時代から続くそうですが、不明な点が多く、由来の詳細は研究中とのこと。年末の風情とともに歴史のロマンを感じたのでした。

そんなこんなで、冬の深まりを感じたので、思わずご飯もゆきだるま風に( ´艸`)

実際に雪だるまが作れるような雪は、まだまだこれからですが、クリスマスも近いので気分だけはと、長女の食事です♪

 

「早く食べなさい」「しっかり食べなさい」と、指示が多くなりがちな食事の時間ですが、たまにはお楽しみがメインでもいいですね✩

arrow_upward