株式会社 不動産の相談窓口
9:00~18:00
時間外でもご相談ください。
毎週水曜日
2019年11月15日
ブログ

おでん日和☆

今日は七五三の11月15日。好天に恵まれて、日中は日差しがぽかぽか気持ちのいい1日になりました(^^)

夜に向かってぐんぐん冷えて、いよいよおでんや鍋物が恋しい季節です!

廃棄食品を減らす  子どもの偏食にひと工夫✩

温かい食べ物が恋しいこの季節。立ち寄ったコンビニで見かける湯気の立つおでんに、何度引き寄せられたことか。

ここのところニュースになっているのが、おでんの取扱いをやめるコンビニが出ているという内容。ある意味、風物詩みたいなところがあって、見かけなくなるのは寂しい気もしますね(ノД`)

しかし、維持管理が大変など業務上の理由に加えて、注目したいのが廃棄食品を減らしたいという思い。小さな子どものうちから育みたい心のひとつです(^^)

子どもの食事を作っていると、好き嫌いや見た目での食わず嫌い、偏食など、内容に悩むこともしばしば。

食品の廃棄量を減らすためには、無駄にならないようにと思うのですが、好きなものだけ食べさせているというのも・・・ねぇ(´・ω・`;)


と、いうわけで、今回のおでん。

大根、練り物は小さめに、子どもに人気のモチ巾着はどどーんっとそのまま、ゆで卵はうずらの卵にしてみました♪


次男は練り物がわりと好きなようですが、長男、長女は決して好きとはいえないタイプのようです。それでも全部食べる長男の一方で、自分に素直な長女(^^;)

かじるだけかじって、半分以上残すこともざらにあります。。これでは、食品廃棄が止まりません。

そこで、「これだけは食べようね」作戦決行です!
色々な種類を少しずつ食べられたらOKにする方法です(^^)

食材を小さめに切って調理することで、親にとっても子どもにとっても「これだけは」のハードルを調整できるので、徐々に食べられる量が増えていくことで成長を感じられます。


次男の食事もこうして乗り切ってきた我が家。
お子さんの偏食にお悩みのお母さん、この作戦はけっこう使えますよ✩



おでん、鍋物が恋しいなぁと思う頃には、もうおせちの心配なのですね(^^;)

あちこちのスーパー、店舗にカタログが出ています。年賀状のチラシもありました。

 

日々のおかずを考えるのも大変ですが、年末年始の準備もそろそろのようです(^_-)-☆

arrow_upward