株式会社 不動産の相談窓口
10:00~18:00
時間外でもご相談ください。
毎週水・木曜日
2021年11月14日
ブログの窓口

明日はきっといい日になる~♪

今日は“11月(いい)14日(とし)”で、「アンチエイジングの日」だそうですヽ(・∀・)ノ

 

アンチというと、反対、対抗という意味。年を重ねることに対抗する工夫も素敵ですが、個人的にはいい年の重ね方も魅力的に感じます♪

 

皆さんはいかがですか?(^^)

家族の年齢で変わる 部屋のレイアウト

子どもが小さなうちは、その動きに目が行き届くような部屋作りを、子どもたちが大きくなってきたらプライバシーについ踏み込んでしまいすぎないような環境づくりを―。

片付けがしやすいレイアウトも捨てがたい。

朝の準備がスムーズになるためには、動線が大事etc...

 

果てない家づくりの真っ最中ともいえる我が家です。

 

土地、建物の準備が整ったら完成☆ではなく、日々の生活が営まれ、家族が成長し、環境が変わっていく中で、一緒に生きているのが家なのではないかと感じています。

 

 

今日は、1階のレイアウトを変更してみました♪

すでに数え切れないくらい模様替えを繰り返してきました。

その目的は、ずばり快適さ!です。

 

快適さというと、ずっとそこにあることを許されるものと、生活スタイルや家族の成長によって場所を変えないと不快へと変わってしまうものがあると思います。

 

というわけで、造り付けの移動できないもの“以外”で、その時々の家族の状況に合わせた快適さを求め続けているのですヽ(・∀・)ノ

容量は変わらないけれど、中身は増える

建物の大きさは変わらなくても、子どもたちが成長すると色々なものが増えます。子どもがいない場合でも、生活年数を重ねていくと、趣味のものが増えることも。

 

同じ大きさに中身が増えれば、スペースは狭くなります。増やすと減らすの均等を図り、中身の量を同じに保つことができれば・・・難しいですね(^^;)

 

つまり入居当時に比べたら、スペースが埋まっているのは当然。大切なのは、スペースを“快適に”使うことができているかどうか、ということになりそうです。

 

まだまだ時間をかけて、快適な1階へと変身させたいと思います(^O^)

arrow_upward