株式会社 不動産の相談窓口
10:00~18:00
時間外でもご相談ください。
毎週水・木曜日
2021年02月13日
ブログの窓口

移住したい都道府県 長野県に暮らす

宝島社発行の『田舎暮らしの本』(2021年2月号)による2021年版「移住したい都道府県ランキング」で、長野県が15年連続1位に輝いていることをご存じでしょうか(*゚▽゚*)

今日は、諏訪地方の美しい風景とともにその魅力を考えます✩

心落ち着く風景が必ず見つかる

長野県は田舎かと問われると、回答者の出身地や暮らしている場所によって答えがわかれるように思います。「田舎」という言葉の定義にもよるのですが、生まれ育った私からするとどこへ行っても必ず視界に豊かな自然風景が目に入る信州は、肯定的な意味で田舎だと思います。

決して技術面等で劣等感みたいなものを感じているのではなく、むしろ誇れる文化がたくさんあることも強調しておきたいところですね✩

 

どの市町村もそれぞれ土地柄にあった魅力にあふれていて、その中で諏訪地方というと、八ヶ岳の麓にあって諏訪湖を擁し、諏訪大社があることがまず大きな特徴だと思います。

湖周を囲む岡谷市・諏訪市・下諏訪町。山麓に向かって広がる茅野市・富士見町・原村。諏訪6市町村としての協力体制もあり、住み心地はとてもよい地方です(^O^)

 

湖周3市町は、諏訪湖や河川を眼前にした八ヶ岳の景色がそれは見事です。天候によって、諏訪湖の向こうに富士山が見えることも。

景色を楽しみながらのウォーキング、湖周の公園遊び、遊覧船での湖上巡りやドーム船でのワカサギ釣りなど、日常の中で自然をとても身近に感じることができる環境です✩

 

諏訪湖から八ヶ岳方面へ広がる3市町村は、身体に嬉しい高原野菜の宝庫♪木々のめぐみで一層新鮮な空気は、心休まるパワースポットといえるかもしれません(*゚▽゚*)

日常生活では車での移動が中心でも、少し歩けば歴史を物語る文化財の数々に出会うことができます。

出会いをきっかけに史料を紐解けば、地元民でも(地元民だからなおさら?)諏訪の魅力に一層引き込まれます( ´艸`)

先日ご紹介した『諏訪の龍神さま』巻頭の言葉

「小さいころから普通に存在していて当たり前すぎて、気づいていないのかも」

 

しれない諏訪の魅力を、写真を通じて実感する今日この頃なのでした✩

 

✩★✩諏訪地域の物件探しは、ぜひ当社HPをご覧ください(^^♪)✩★✩

arrow_upward