株式会社 不動産の相談窓口
10:00~18:00
時間外でもご相談ください。
毎週水・木曜日
2019年12月15日
ブログ

クリスマスまで あと10日✩

2019年も残すところ2週間あまりとなりました。早いものですね。

そのうち、あと10日でクリスマス✩

我が家の子どもたちもワクワクしています(*゚▽゚*)

 

楽しみを活力に、インフルエンザに負けずに頑張りましょう♪

サンタさん まだかなぁ♪

子どもたちが首をなが~くして待っているのが、サンタさんからのクリスマスプレゼント♪

24日の朝届く子もいれば、24日の夜(25日の朝)、または25日の夜(26日の朝)に届く子もいて、私も子どもの頃には「サンタさんもう来た?」なんて、学校で友達と話したものです(^^)

 

今、子どもたちはサンタクロースを信じていますか?

 

 

 

 

サンタクロースは、実在した聖人がモデルと言われています(^O^)
貧困に苦しんでいた娘の家の煙突から金貨を投げ入れて、救ったというお話があるそうです。

 

我が家の子どもたち、次男・長女はサンタさんを信じています。

 

 

次男のもとには、“ヨンタさん”が来たこともありました( ´艸`)

ヨンタさんは、サンタさんの仲間で、サンタさんが仕事をする冬とは違う季節に、と~っても頑張っている子を見つけるとプレゼントを届けてくれるという私の創作です。

 

次男はヨンタさんも信じていて、「ありがとう」のメッセージカードを書いていました✩

目に見えるものしか信じない?

つい最近、長男と話しました。

 

ちょっと話が変わるのですが・・・

昔の日本では、妖怪が確かに存在しました。不可思議な出来事に遭遇した時、昔の人たちは、目に見える根拠を突き詰めるのではなく、妖怪の仕業として畏れ、敬っていました。

人々がそう信じていたから、妖怪は確かにいたのです。

 

 

サンタクロースも目に見えない不確かな存在ですが、信じる子どもたちがいるから、確かにいるのです。

 

 

誰も信じなくなったらいなくなってしまう。けれども、小さな子どもたちや大人だって純真な心がサンタクロースを信じているから、やっぱりサンタさんはいるんだよ。

と、長男に伝えたのでした。

 

 

 

いつか、自分から「サンタさんて、本当はいないんでしょ?」なんて聞いてくるかと思っていたのですが、長男いわく「いてもいいし、いなくてもいいって思ってた」のだとか。

思いがけず深い言葉で、少し驚きましたが、まだ小さな弟、妹のために、二人が大きくなるまでは優しい嘘をついていてくれるそうです(^-^)

arrow_upward